キングダム

キングダム大沢たかおの筋肉がすごい!役作りの筋トレ方法を徹底調査!

キングダム大沢たかおの筋肉がすごい!役作りの筋トレ方法を徹底調査!
Pocket

ここでは、キングダム大沢たかおの筋肉がすごい!役作りの筋トレ方法を徹底調査!を、お伝えしていきます。

2019年から実写化した映画「キングダム」で、重要なキャラクターである王騎将軍を演じている大沢たかおさん。

続編の「キングダム2 遥かなる大地へ」、そして現在も公開中の第3弾「キングダム3 運命の炎」でも、王騎役を続けて演じています。

人気漫画のキングダムを実写映画化した作品であり、原作ファンの間でも王騎は非常に人気のあるキャラクターです。

原作では、主人公の信の何倍もの巨漢で、圧倒的な武力と経験からくる自信が際立っている存在です。

その王騎役を演じた大沢たかおさんの、「筋肉が凄い!」と話題となっています。

彼の演技や迫力あるアクションシーン、そして筋肉の魅力が映画ファンや原作ファンに強く印象づけられたのでしょう!

では、そんな大沢たかおさんの筋肉について詳しく知りたいと思っている方へ、その筋トレ方法や増量方法を調べてみましたのでご覧ください。

では、早速ですがキングダム大沢たかおの筋肉がすごい!役作りの筋トレ方法を徹底調査!を、ご覧ください。

 

キングダム大沢たかおの筋肉がすごい?

キングダムの王騎将軍といえば、かなりの大男の印象です。

明確な身長などは設定されておりませんが、ネット上では信の身長が170センチと推測すると、王騎は200〜230センチあるのではないかと予想されております。

さらに、その肉体は数々の死地を乗り越えただけあり、筋肉隆々の印象が受け取れます。

この王騎将軍のキャラに近づく為に、大沢たかおさんが役作りで増量を行った事がニュースになっています。

では、その増量した筋肉について詳しく調べましたのでご覧ください。

 

大沢たかおは20キロ以上体重が増えた?

大沢たかおさんはキングダム1作目の撮影時に体重18キロ、2作目では更に増量して23~4キロになり、王騎のキャラクターに合った体つきを作り上げました。

撮影に向けて中国で衣装を作成する際、体のサイズに合わせて衣装を作るのですが、衣装が完成するまでに4週間ほどかかります。

その間も大沢さんはトレーニングを続け、衣装が完成するとさらに体が大きくなっていることがあるため、合わないことがありました。

これが何度も続き、「運命の炎」では4回も衣装の作り直した事がニュースになりました。

最終的には大沢さんと衣装部が何センチ大きくするか、どの部位を調整するかを確認し合い、撮影時にピッタリ合った衣装を着用することができました。

1ヶ月の製作期間中に、衣装が入らなくなる増量は凄いとしか言えません。

 

大沢たかおの筋肉は何キロ増えた?

一般的に、人間が筋トレによって20キロの増量を達成する場合、その全てが筋肉の質量として増えるわけではありません。

増量のうち、筋肉が占める割合は個人差やトレーニングの方法によって異なりますが、一般的なケースでは次のような考え方がされます。

  1. 筋肉の増量: 筋トレによって20キロの増量を達成する場合、その内訳として筋肉の質量が約半分から3分の1程度とされることがあります。したがって、おおよそ6キロから10キロ程度の筋肉の増量が期待されると言えるでしょう。
  2. 脂肪の増量: 体重の増加には、筋肉以外にも脂肪などの要素も含まれます。特に高カロリーの食事や適切な栄養摂取が行われない場合、一部が脂肪として増える可能性があります。
  3. 水分と他の成分: 筋肉の増加には水分や筋繊維以外の要素も含まれます。また、トレーニングや栄養状態によっても変動するため、筋肉だけでなく水分や他の成分も体重増加に影響を与えます。

このことから、大沢たかおさんは20キロの増量をしましたが、6キロだけ筋肉が付いており、脂肪と水分が14キロ増えたと考えられます。

確かに写真で見ても少しお腹が出ており、ぽっちゃり感も受け取れますね。

 

大沢たかおの体はどう変わった?

大沢たかおさんは身長を調べてみますとオフィシャルサイトで181㎝となっており、体重は非公開でした。

この身長の標準体重は、72キロとされていますが、王騎を演じるにあたって20キロもの増量をしたとされていますので、体重90キロ以上と推測されます。

王騎役を演じるために体重を約90キロに増量したことは、役柄に忠実になるための努力を示す重要な要素であることが考えられます。

しかし、その体重が通常の生活や仕事を行う上で影響を与える可能性はあります。

体重が増加することによって、通常の日常生活や動作が制約を受ける可能性があります。

体重が増えれば関節や筋肉への負担も増加し、身体の動きが鈍くなることがあります。

また、体重増加が持病や健康状態に影響を及ぼす可能性もあります。

映画の撮影期間中や役作りのための一時的な増量は、俳優としての役割を全うするための手段として行われることがありますが、その後の健康管理や体調状態が心配されますね。

大沢たかおさんのような俳優は、役作りのために様々な努力をしていますが、その一方で健康とバランスを取りながら活動することも重要です。

 

キングダム大沢たかおの役作りの筋トレ方法を徹底調査!

キングダムでは、その巨大化した肉体で役にハマっていた大沢たかおさん。

衣装で隠れていますが、露出している腕の部分からも分かるぐらい巨大化しています。

では、その筋トレ方法について調べてみましたので、ご覧ください。

 

大沢たかおはパーソナルトレーナーの指導を受けた?

大沢たかおさんの専属トレーナーを調べてみますと、ジムトレーナーの高田一也さんという方です。

彼らの関係は10年以上にわたるもので、マンツーマンでトレーニング指導を行っていたようです。

大沢さんが通っていたジムは、高田一也トレーナーが代表を務める新宿御苑にある「tregis(トラジス)」というジムだそうです。

大沢たかおさんは元日を含む毎日、トレーニングを行っていたようです。

具体的なトレーニング方法の詳細は明らかにされていませんが、大沢さんはベンチプレス(胸筋のトレーニング)で120キロ、ショルダープレス(肩のトレーニング)で30キロを上げているそうです。

これは王騎のスタイルに近づけるためにかなりの負荷をかけた筋力トレーニングを行った可能性があります。

写真からも分かる通り、特に胸筋や上腕の筋肉が発達しており、全身の筋力バランスを保つために様々なトレーニングを組み合わせて行っていたと考えられます。

また、高田さんから食事の指導も受けており、筋力を高めるためには適切な栄養と休息が必要であるため、トレーニングだけでなく食事や睡眠にも気を配っていたようです。

日常生活全般が王騎を意識したものであったことが伺えます。

 

大沢たかおのトレーナーはどんな人?

高田一也さんは、日本のスポーツインストラクターであり、ボディビルダーとしても知られています。以下は彼のプロフィールの要点です。

  • 生年月日: 1970年7月20日
  • 出身地: 東京都
  • 妹: 吉川ひなの(女優、タレント)
  • ヴィジュアル系バンドのボーカルとしても活動していたが、1995年にウエイトトレーニングを始める。
  • 自身がトレーニングを始めたジムのトレーナーを4年務めた後、2003年から表参道のゴールドジムでパーソナルトレーナーとして活動。
  • 2011年には新宿御苑近くにマンツーマン方式のパーソナルトレーニングジム「Tregis(トレジス)」を開業。

また、ボディビルの大会にも出場し、以下の成績を収めています。

  • 2006年 JPC東日大会 本優勝、JPCノービス大会 優勝
  • 2007年 JPC東日大会 本優勝、JPCナショナルズ 6位

高田一也さんは、スポーツインストラクターとしてトレーニング指導を行いながら、自身もボディビルダーとして実績を上げてきたことがわかります。その経歴から、大沢たかおさんを含む多くの人々にトレーニング指導を行い、健康的な生活とボディメイクをサポートしていることがうかがえます。

 

大沢たかおは宅トレと取り入れていた?

大沢たかおさんの体づくりは、ジム通いだけにとどまらず、非常に熱心な努力を行っていたそうです。

2作目では前作以上のトレーニングを行い、自宅にジムからトレーニング機材を借りて、自宅がまるでジムのような環境になっていたそうです。

2作目では、筋肉を肥大化させる肉体改造を行ったと言われています。

コロナ禍の影響でジムが閉鎖されるなど、通常のトレーニングが制限されていた状況でも、彼は非常にストイックにトレーニングに取り組んでいたようです。

このような状況下での努力は、役割への真剣な取り組みやキャラクターへの深い理解を示すものであり、演技に対する情熱とプロフェッショナリズムを感じさせます。

大沢たかおさんの姿勢は、映画制作において役割を演じるためにどれだけの努力を惜しまないかを示す素晴らしい例です。

どんな状況でも、役作りに妥協しない大沢たかおさんのストイックさが分かるエピソードです。

 

大沢たかおの特性プロテインとは?

筋トレしている人なら、大抵の人が摂取しているプロテイン。

ダイエット目的のプロテイン商品もありますが、恐らくハイカロリーな体重を増やす為のプロテインを摂取したと推測されます。

調べてみますと、大沢たかおさんもプロテインが凄かったのです。

大沢たかおさん自身、「普通じゃダメ」とのコメントも・・

プロテインを飲む際には水や牛乳に、プロテインを混ぜて摂取するのが一般的です。

大沢たかおさんの場合は、大幅な増量をする為に、独特な方法をとっていたようです。

大沢たかおさんは、通常のプロテインに加えて以下のような成分を追加して、高カロリーなプロテインを作っていたと明かしていました。

  • アイスクリーム2個
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • 砂糖
  • シリアルをたくさん

そしてこれを混ぜて飲む、さらに1日に2回も摂取していたそうです。

恐らく1食で1000カロリー超えのプロテインです。

このような高カロリーな飲み物を摂りながら、日々の食事に加えて肉やご飯を摂取していたことは、彼がどれだけ筋肉をつけるために努力したかを示すものです。

このような食事スタイルは、体を大きくしながら筋肉を肥大化させるための工夫であり、彼が王騎の肉体像に近づくために行った厳しい取り組みと言えるでしょう。

彼の食事とトレーニングへの徹底した取り組みは、彼の王騎役へ近づく為のものだったのでしょう。

大沢たかおは食トレもしていた?

大沢たかおさんの食生活は、彼の王騎役作りにも大きな影響を与えているようです。

彼は肉好きであり、野菜よりも肉を好んで摂る傾向があるとされています。

日常生活でも1日に3食お肉を食べることがあるそうです。

王騎の役作りの際には、厳しい筋力トレーニングに加え、たんぱく質の摂取量も重要視されていました。

朝食には高たんぱく質の馬肉を食べていたことが明かされています。

昼食ではステーキ、夕食でもステーキか焼肉を摂ることが多かったようです。

また、量を増やすために1日に1kg以上のお肉を摂ることもあったそうで、肉の卸売業者から直接お肉を購入するほどの努力をしていたとのことです。

中国での「キングダム」撮影中には、山崎賢人さんと吉沢亮さんが焼肉に行った際に、お店にお肉がなかったというエピソードがあります。

その理由は、大沢たかおさんが先に来店してお肉を全て食べつくしてしまったためだったようです。

このエピソードは、彼が役作りのためにどれだけの努力をしていたかを物語っていますし、彼の王騎役に対する真摯な取り組みを示すものと言えるでしょう。

 

まとめ

キングダム大沢たかおの筋肉がすごい!役作りの筋トレ方法を徹底調査!はいかがでしたか?

その役作りにおいて、彼は非常に熱心で真摯な姿勢を示し、体づくりに徹底的に取り組みました。以下に彼の肉体改造についてまとめてみましょう。

  1. 体重増量: 大沢たかおさんは、王騎の役割をより忠実に演じるために体重を増量しました。通常の体重よりもかなり大きな体を作るため、体重を約90キロまで増やしました。
  2. 筋力トレーニング: 王騎は筋骨隆々で強靭な体を持つキャラクターであるため、彼は筋力トレーニングに重点を置きました。ベンチプレスやショルダープレスなどの重いトレーニングを行い、特に上半身の筋肉を鍛えました。
  3. プロテイン摂取: 役割に合った筋肉をつけるため、大沢さんはプロテインを1日に2回摂取していました。プロテインドリンクにアイスクリームや生クリーム、砂糖、牛乳などを追加して高カロリーな飲み物を作り、摂取量を増やしていました。
  4. 自宅でのトレーニング: 映画撮影中、ジムが閉鎖されるなどの状況もあったため、自宅でのトレーニングも行っていました。ゴールドジムから機材を借りて自宅をジムのように活用し、努力を続けました。
  5. 食事管理: 高たんぱく質の食事を摂ることで、筋肉の成長をサポートしました。朝食には馬肉を摂取し、昼食や夕食にはステーキや焼肉を食べることが多かったと言われています。
  6. 役割への献身: 役作りにおいては、王騎のキャラクターに深く没入することを重視しました。ストイックな姿勢でトレーニングや食事に取り組み、役割に対する情熱とプロ意識を示しました。

大沢たかおさんの肉体改造は、彼の真摯な取り組みと努力の賜物であり、映画「キングダム」シリーズのクオリティ向上に大きく寄与したことは間違いありません。

笑顔と情熱を持ちながら厳しい努力を重ねた彼の姿勢は、多くの人々に感銘を与えたことでしょう。

キングダム大沢たかおの筋肉がすごい!役作りの筋トレ方法を徹底調査!を、最後まで読んで頂きありがとうございます。